インストール方法

インストール方法

投稿記事by じほーく » 2014年11月09日(日) 17:17

インストール方法は、ゲームのバージョンが異なっても基本的に同じです。
適宜読み替えてインストールを試みて下さい。

意味がよくわからない人は、書かれてある順番通りに作業をして下さい。

アドレス表記は、Win7 64bitが前提で、
ファイルの拡張子が表示されているとして説明しています。

*ファイル拡張子の表示方法
Win7
Win8

[手順]
○○○○ ... ゲームのプログラムバージョン(例:プレイしているのが、Foottball Manager 2015ならば2015)
×××× ... ゲームのデータベースバージョン(1400とか1430、1500などなど)

(1) LNCファイルの削除

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Football Manager ○○○○\data\db\××××\lnc\

上記アドレスのLNCフォルダ内にある全てのファイルを削除します。
ちなみに、状況によっては、××××にあたる部分が複数ある場合(1500と1530など)は、
それぞれのLNCフォルダ内にあるファイルを全て削除しておきます。
(LNCフォルダ自体は削除しないで下さい。LNCフォルダの中にあるフォルダは削除してもOKです。)

この作業は、日本のクラブに関する偽名化解除などのために重要な作業です。
SIがデータをアップデートすると、たまにこのファイルを復活させるので、
何らかのアップデートがあった後は、このフォルダを忘れずにチェックしましょう。

(2) EDTファイルの削除

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Football Manager ○○○○\data\db\××××\edt

上記フォルダ内にある、「Fake.edt」ファイルのみを削除します。
その他のファイルは削除しないで下さい。

(3) LNCファイルの設置

上記(1)と同一のフォルダに、ダウンロードしてきたLNCファイルを設置します。

例えば、FM2015で日本の大会名等を日本語で表示させたい場合は、
zzz JPN name fixes (jpn).lnc」を、

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Football Manager 2015\data\db\1500(または1530など)\lnc\zzz JPN name fixes (jpn).lnc

となるように設置します。

これは、他のサイトで公開されているLNCファイルを設置する場合も同様です。
ちなみに、当サイトで公開している、「zzz JPN name fixes (jpn).lnc」と、
zzz JPN name fixes (eng).lnc」は併用できないので、
設置する時はどちらか一方になります。

(4) DBC(FMF)ファイルの設置
FM15からは、エディットデータの拡張子がFMFになりましたが、
設置場所は今までと変更はありません。

FM14まで→ABC.dbc
FM15→ABC.fmf

FM15 Editorを使用して保存すると、自動的に拡張子がFMFになります。
(正確には、FMFファイルの中にDBCファイルがある状態)

設置場所は、

Documents(ドキュメント)\Sports Interactive\Football Manager ○○○○\editor data\

です。

DBCファイルでもFMFファイルでも設置場所は同じです。
「editor data」フォルダが見当たらなければ、自身で作成して下さい。

ドキュメントフォルダの場所がわからない人は、
デスクトップ画面→左下スタートボタン→ドキュメント
をクリックすると表示できます。
その中に、「Sports Interactive」フォルダがあります。

他には、ドキュメントフォルダの場所を変更していない場合は、
C:\Users(ユーザー)\(アカウント名)\
の中に、「マイ ドキュメント」フォルダがあります。

ドキュメントフォルダの表示方法によっては、
Sports Interactive」フォルダが2つ表示されることがあります。
意味がよくわからない人は上記方法でフォルダを表示させましょう。

(5) ゲーム起動
上記作業を全て終了しからゲームを起動します。

ゲーム起動後のデータ読込手順は以下の通りです。
(a) 「新規キャリアゲーム」をクリック
(b) 「Football Manager」をクリック
(c) データベースの選択の「データベースバージョン」を確認
→ゲーム発売当初は、Defaultのみ。アップデートで選択できるようになる。
(d) エディットデータ欄右端の選択部分で「すべて」を選択して「OK」をクリック
→データの読み込みを個別に選択したいときは、「カスタム」を選択して「編集」をクリック。
 次に個別に読み込むファイル選択の画面になるので選択して「Confirm」をクリック。
(e) リーグ選択画面になるので、遊びたいリーグを選択。

これで作業が終了です。
じほーく
管理人
 
記事: 57
登録日時: 2014年11月09日(日) 13:18

Return to エディットデータ

cron